信用取引のメリット・デメリットは?

チャンスを拡大させてくれる信用取引。

信用取引とは、持っている資金の3倍のレバレッジを聞かせて取引をすることができる方法になります。そのため、少ないチャンスで大きな利益を上げることができるというメリットがあります。どうしても取引をしている時に、次々と購入したい商品が出てきます。しかし、手持ちの商品はまだ値上がりを期待することができるためまだまだ手放したくないという状況があるでしょう。そんな時に役に立つのが信用取引になります。
現在保有中の商品を担保にして、評価額の3倍のお金を借りることができるのです。そのため、買付余力がなくても取引をすることが可能になります。信用取引は大きく設ける機会を作ってくれる方法であると言えるのではないでしょうか。

タイミングを見極めよう。

その反面、信用取引を使えば大きくポジションを取ることになるので、大きく損をしやすいというデメリットもあります。また、損が続いてしまい本来担保としている商品の価値が下がってしまい、追加入金が必要となってくるケースもあります。その場合は追加入金をする、もしくは持っているポジションの手放して損を確定するという対策を講じなければならなくなります。そのため、使い方を間違ってしまうと大幅なマイナスになってしまう可能性もあるので、トレンドを意識してタイミングよく利用することがポイントになってきます。
維持率を常に意識して、ぎりぎりまで信用余力を使わないことがおすすめになります。余裕をもったトレードができることが望ましいでしょう。