信用取引を利用するならこんな方法も!マル秘の裏ワザ

売れない株を売ってしまう裏ワザ!?

保有する株の中には、ある事情から売却することができない銘柄があります。将来的に大きな利益が見込めるものや、相続することが前提となっているものなど売却できない事情は様々ですが、もしこうした銘柄の株価が高騰した際、利益を確定することはできないものかと思案するのは、人間として当然の心理です。
実際、こうした「売却することができない株」を売却することは難しいですが、信用取引で同一銘柄を空売りすれば、その株価で損利が相殺されるために株を売却して利益を確定した状態を擬似的に作り出すことができます。信用取引において単に売買するだけでは損失のリスクが大きくなってしまいますが、現物取引の補足的運用に終始すれば、リスクを抑えて利益の確度が高い取引を行えるようになるのです。

信用取引で株主優待をタダ取りできる!?

株取引の醍醐味の一つとして有名なのが、「株主優待」です。しかし、優待の権利は得たものの、株本体で大きな損失を出してしまったのでは本末転倒です。株本体で如何に損失を出さずに優待の権利を手にするのかが、株主優待を得る際の最大の課題と言えます。
しかし、信用取引を活用すれば、その株主優待をほとんどタダ同然で得ることができてしまいます。やり方はとても簡単。優待が欲しい銘柄を権利落ち日よりも前に同額で現物買いと空売りしておくだけです。これで権利落ち日が過ぎて株価が下落しても、空売り分で損失と同額の利益が出るため、損利が相殺されて優待の権利だけ得ることができるのです。株取引における手数料や金利はかかりますが、株価から見れば完全にタダなので、大変お得な信用取引の活用方法だと言えるでしょう。